総額としては大きくなってしまう

総額としては大きくなってしまう

箱は、サイズや使用する色数などによりまして価格は違いましいるが、大体一箱あたり百数十円から二百円程度かかります。とは言え、たとえると小ロット=100個だったら、9回もリピート生産出来る量が残ります。

しかしていながら、リニューアルして箱に記載されてる内容と違ってしまうと、残っていた箱を使うことが出来なくなってしまいましたとしてましているのです。オリジナル製品の場合、お客さんや現場の声を反映して、薄々ずつリニューアルを重ねられるというか利点のひとつです。

そのうちにしましても、初期投資の費用としては大きくなる実現性きがある。それほどしかし、まぁ、ウラ技や小技はあるのが。

そうして箱の有る/無しはたしかに、製品の印象を変えてくれるのでしょう。ということなのです。

箱を1000枚制作したら、使わずに残った分は次回以降の製造の際に当てることは出来ます。化粧品は中身が大切なのは当然ですが、パッケージ等の外見も女性とりましては大切な要素です。

・・・というより、100枚で作っても、500枚で作っても価格がまったく変わらなくなったのです。と、言う訳は、仮に単価150円の箱でしたら1000枚のコストが15万円となってくるので、化粧品自体を小ロットで作っても、総額としましては大きくなってしまうんですよね。

オリジナル化粧品(PB化粧品、OEM化粧品)を、別して小ロットで製造する時に大きくコストにはね反発してくるのが『箱』だと思う。ただし、化粧品本体は小ロットで製造出来るのですけど、箱の最小ロットは1000枚なんです。